音楽監督・伴奏者の紹介

音楽監督

kawasaki3

河﨑 聡 

~Satoshi Kawasaki~

大阪音楽大学音楽学部作曲学科楽理専攻卒。在学中より指揮法を故小松一彦氏に師事。

2003年~2006年、ロシアのサンクトペテルブルクで国立リムスキー・コルサコフ音楽院(旧レニングラード音楽院)指揮科に在籍し、ククーシキン教授の元で研鑽を積む。

在学中、2005年、2006年の2回にわたりサンクトペテルブルク、シュヴァロフスキー宮殿にて「日本の春フェスティヴァル」にサンクトペテルブルク室内オーケストラと共に参加。同オーケストラとは2004年から2006年の2シーズン中、3回の演奏会を指揮し成功させた。

現在、関西フィルハーモニー管弦楽団をはじめとして、多くのプロ・アマチュアのオーケストラ、合唱団を指揮し、コンサート、オペラ、バレエ公演で幅広く指揮活動をおこなっている。

近年では特にセント・マーティン・オーケストラと共にベートーヴェン交響曲全曲演奏を成功させ、2018年大阪フェスティバルホールでのマーラー交響曲第8番(相愛フィル/ホール・バルティカ)、2019年ウイーンのシュテファン大聖堂でのモーツアルトのレクイエム(シュテファンドームオーケストラ/ホール・バルティカ)を大成功に収めた。

シュテファン大聖堂でのレクイエムの終演後には長い静寂の祈りの後、盛大なスタンディングオベーションが沸き起こった。

1994年伊丹市芸術家協会新人賞受賞。

ホール・バルティカ音楽監督。セント・マーティン・オーケストラ音楽監督。天理第九合唱団常任指揮者。女声合唱アルカンシェル指揮者。女声合唱8・4指揮者。

伴奏者

komaki2

駒木 奈美

同志社大学経済学部卒。在学中より伴奏活動を開始。現在は後進の指導にあたりながらソロ及びアンサンブルピアニストとして意欲的に演奏活動をおこなっている。

第13回全日本アールンピアノコンペティション全国大会G級審査員特別賞。第3回寝屋川市アルカスピアノコンクールデュオ2台ピアノチャレンジB部門第2位。

混声合唱団「ホール・バルティカ」、女声合唱団「アルカンシェル」「コール・アミューズ」、女声アンサンブル「プリマルーチェ」のピアニスト。

a_kirioka

桐岡 亜由美

京都女子大学大学院文学研究科表現文化専攻修了。 阿部裕之、岡原慎也、大谷正和の各氏に師事。

奈良県新人演奏会に出演、京都にてソロリサイタル開催。平安女学院大学短期大学部専任准教授、京都女子大学非常勤講師。

現在はアンサンブルピアニストとして活動していて、多くの合唱団や歌手と共演している。